クレジットや消費者金融からの借入金返済のためにまた借りる・・・ ご自身の返済能力を超えた借入は債務問題の解決にはなりません。低利率で貸付をすると案内し保証金名目でお金を振り込ませたり、法律で定められた利率以上での貸付を行う金融業者による被害もあります。 債務問題は法律で解決できます。まずは、司法書士に相談をすることから始めてあなたの債務問題を一緒に解決していきましょう。

債務整理の手続き

手続の選択は、借金の金額、借金の原因、生活の状況などを総合的に判断したうえで、最も適切な方法をとることが必要になります。

自己破産

債務の支払いが不能になった場合、自己破産・免責の申立てを行い、裁判所から債務の支払責任を免除してもらう手続きです。

個人再生

債務の支払いが困難になった場合、裁判所への申立により、債務額を大幅にカットしてもらい、将来の収入によって、債務額を原則3年間で分割返済して債務を整理する方法です。

特定調停

簡易裁判所に申立て、調停委員のもとで債権者と債務者が話し合いをし、債務の削減や分割払い等の返済計画をまとめてもらう方法です。

過払い金返還請求

利息制限法所定の利率で再計算した結果払いすぎていた場合、その分の返還を受ける方法です。

任意整理

利息制限法所定の利率で再計算した残元金を裁判所に申立をすることなく当事者が私的に話し合いをして、分割払い等の合意をする方法です。ただし、債権者にはこの話し合いに応じる義務はありません。

トピックス 一覧を見る