よくあるご質問

グレーゾーン金利とは何ですか?

利息制限法(借入の金額が100万円以上は15%、10万円以上100万円未満は18%、 10万円未満は20%)の上限利率を超えており、かつ出資法の上限利率(29.2%)を超えない範囲の利率のことです。利息制限法の上限利率を超えた貸付は、違法な貸付なのですが、出資法の上限利率を超えていなければ刑事罰が科せられることはありません。多くの貸金業者は、この利息制限法と出資法の間のグレーゾーンの金利で貸付を行っています。

平成22年6月までに施行される予定の貸金業法改正により、このグレーゾーン金利は撤廃される予定ですので、改正を見込んで多くの業者が契約利率を利息制限法の基準に下げましたが、過去にグレーゾーン金利で取引をしていた部分は違法です。

ページトップへ

  • 次へ