債務整理の手続き

支払えなくなってしまった借金を整理するには、まず引直し計算をすることによって、支払わなければならない債務の額を明らかにします。そして、月々の収入により返済可能な金額や今後の人生設計を照らし合わせることによって、債務整理の方法を選択します。
手続の選択は、借金の金額、借金の原因、生活の状況などを総合的に判断したうえで、最も適切な方法をとることが必要になります。

手続きの手順

  1. 司法書士と依頼者の間で、債務整理に関する委任契約を結びます。
  2. 司法書士は、委任を受けたことを知らせる通知を賃金業者など(債権者)に対して発送します。
  3. 通知を受けた債権者は、依頼者に対して正当な理由なく取り立て行為をすることが法律によって禁止され、返済も一時ストップします。
  4. 司法書士は、債務者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算をします。
  5. 依頼者が支払うことができる金額と、支払わなければならない債務額などを考慮し、司法書士と債務整理の方針を決定し、手続きを進めていきます。

債務整理の種類

自己破産

債務の支払いが不能になった場合、自己破産・免責の申立てを行い、裁判所から債務の支払責任を免除してもらう手続きです。

詳細を見る
個人再生

債務の支払いが困難になった場合、裁判所への申立により、債務額を大幅にカットしてもらい、将来の収入によって、債務額を原則3年間で分割返済して債務を整理する方法です。

詳細を見る
特定調停

簡易裁判所に申立て、調停委員のもとで債権者と債務者が話し合いをし、債務の削減や分割払い等の返済計画をまとめてもらう方法です。

詳細を見る
過払い金返還請求

利息制限法所定の利率で再計算した結果払いすぎていた場合、その分の返還を受ける方法です。

詳細を見る
任意整理

利息制限法所定の利率で再計算した残元金を裁判所に申立をすることなく当事者が私的に話し合いをして、分割払い等の合意をする方法です。ただし、債権者にはこの話し合いに応じる義務はありません。

詳細を見る

ページトップへ

サイト内を検索

司法書士を検索 兵庫県司法書士会阪神支部所属

地域を選択 キーワード(住所、最寄駅など)
無料相談会のご案内