自己破産の手続き

債務の支払いが不能になった場合、自己破産・免責の申立てを行い、裁判所から債務の支払責任を免除してもらう手続きです。

自己破産の大まかな流れ

債務関係の調査

↓

自己破産申立書類の作成

↓

裁判所に申立

↓

破産審尋

↓

破産開始決定

↓

官報に公告

↓

破産の確定

↓

免責審尋

↓

官報に公告

↓

免責の確定・復権

自己破産のメリット

  • 免責が受けられた場合、借金がなくなる(※養育費や罰金など一部免責対象外となる債務もあります)
  • 最低限の生活に必要な財産は処分しなくてもよい

自己破産のデメリット

  • 信用情報機関(ブラックリスト)に登録される
  • 一度自己破産をすると、その後7年間は原則として免責決定を受けられない
  • 所有する財産(マイホームなど)のある方は手放す必要がある
  • 免責不許可事由がある(給料に見合わない消費やギャンブルは免責が受けられない場合がある)
  • 公法上・私法上の資格制限がある
  • 一定期間借り入れができなくなる
  • 裁判所に出頭する必要がある
  • 破産者名簿に記載される
  • 官報に掲載される

ページトップへ

サイト内を検索

司法書士を検索 兵庫県司法書士会阪神支部所属

地域を選択 キーワード(住所、最寄駅など)
無料相談会のご案内