個人再生の手続き

債務の支払いが困難になった場合、裁判所への申立により、債務額を大幅にカットしてもらい、将来の収入によって、債務額を原則3年間で分割返済して債務を整理する方法です。

個人再生の大まかな流れ

債務関係の調査

↓

個人再生申立書類の作成

↓

裁判所に申立

↓

再生手続開始決定

↓

再生債権額の確定

↓

再生計画案作成

↓

書面決議又は意見聴取

↓

再生計画の認可決定

↓

官報に公告

↓

再生計画の認可確定

↓

返済の開始

個人再生のメリット

  • 所有する財産を手放すことなく、経済的再生をはかれる
  • 現在の債務(借金)を大幅に圧縮した上で将来の利息をカットできる
  • 住宅ローン以外の債務を法的に減額できる
  • 免責不許可事由がない
  • 収入に見合わない著しい消費やギャンブルによる浪費があっても手続きが可能
  • 資格制限がない(自己破産ができない方でも、民事再生は可能)
  • 住宅ローンの返済スケジュールを変更できる
  • 裁判所に申立をすると支払や差し押さえを止めることができる

個人再生のデメリット

  • 民事再生申立後再生計画案を提出するなどの事情で手続きに要する時間が長い
  • 原則3年間支払い続ける
  • 安定した収入がなければ利用できない
  • 裁判所で認められなければ自己破産手続に移行される場合がある
  • 住宅ローンの返済額は減額されない
  • 一定期間借り入れができなくなる
  • 信用情報機関に登録される
  • 官報に掲載される

ページトップへ

サイト内を検索

司法書士を検索 兵庫県司法書士会阪神支部所属

地域を選択 キーワード(住所、最寄駅など)
無料相談会のご案内