任意整理の手続き

利息制限法所定の利率で再計算した残元金を裁判所に申立をすることなく当事者が私的に話し合いをして、分割払い等の合意をする方法です。ただし、債権者にはこの話し合いに応じる義務はありません。

任意整理の大まかな流れ

債務関係の調査

↓

債務の確定

↓

弁済案の作成

↓

債権者との交渉

↓

返済の開始

任意整理のメリット

  • 債権者に和解案を示して返済可能な範囲での分割計画を交渉できる(将来の利息を免除あるいは減額してもらう交渉)
  • 裁判所を通さないので、裁判所に出頭する必要がない
  • 任意整理する借金を選べるので保証人への請求を避けられる
  • 官報に掲載されない

任意整理のデメリット

  • 和解が成立しないことがある
  • 返済額があまり減らない場合もある
  • 和解が成立するまでは強制執行される可能性がある
  • 任意整理後は信用情報機関に登録される
  • 任意整理で和解が成立すれば3年から5年程度ですべて返済しなければならない
  • 任意整理後、一定期間借り入れができなくなる

ページトップへ

サイト内を検索

司法書士を検索 兵庫県司法書士会阪神支部所属

地域を選択 キーワード(住所、最寄駅など)
無料相談会のご案内